幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

サッシ改修事例

2018年06月05日 12:07

今回はアルミサッシの改修事例を紹介します。
一つは既存のサッシからカバー工法により、改修する工法と
二つ目は既存サッシの内側に新規建具を設置するものです。

カバー工法前
改修前

カバー工法とはサッシの障子部分は交換で、既存の枠部分をそのまま利用し
その上に新しくアルミ枠を被せる工法です。
メリットとしては、既存枠を利用することで、取り合い部分の解体が不要で
作業時間が大幅に短縮されることです。


カバー工法後
カバー工法改修後

カバー工法のデメリットとしては、新しい枠を被せることにより、
枠廻りの部材寸法が少し大きくなるので、サッシ建具自体の
寸法が小さくなることです。(一般的には縦横5cm~8cm程度)

既存サッシの状況や程度にもよりますが、サッシ改修の場合は
既存枠ごと撤去交換するより、カバー工法で改修するのが主流です。



洋室前
既存アルミサッシ状況

もう一つは既存のサッシはそのままで、その内側に新しくサッシを
増設する事例です。メリットとしては結露対策や遮音効果UPによる
効果が期待でき、カバー工法より安価です。(一般的には樹脂製)
ただし、枠廻りの納まりによっては、既存枠の加工が必要になり、
既存サッシの劣化状況で、カバー工法がより遮音性や気密性
の効果が期待できる場合があります。


20180601_152515009.jpg
樹脂製サッシ設置後


どちらも、既存サッシからの遮音性能、断熱効果、気密性、美観性の向上等
の目的で採用しますが、既存サッシの白錆の発生が目立つ場合や、金物交換
、調整が困難な場合にはカバー工法での改修をおすすめします。



マンションでの漏水事例

2018年05月09日 11:28

こんにちは

今回は、マンションの室内漏水の事例をご紹介します。

居住者様より室内の壁が濡れているとのご連絡を頂き、
現地に伺いました。

IMG_5491.jpg

該当部を確認させて頂いたところ
写真では少し分かりづらいですが、
奥のクロスが濡れて浮いていました。


IMG_5496.jpg

シールが劣化し、裂けていたのが原因でした。

これから季節は梅雨に向かい雨量も多くなります。
ちょっとしたシールの亀裂でも、雨量が多くなれば、
中へと水が入る可能性があります。

普段はあまり気にしない場所も、
一度、点検してみてはいかがでしょうか。




マンション外構修繕工事事例

2018年04月12日 19:54

今回はあるマンション外構部の修繕工事で万年塀の交換と
地盤沈下による地盤整備の事例を紹介します。

万年塀 施工前①
万年塀交換前

万年塀をフェンスなどに改修する場合はよくありますが、交換の場合
は以外と少ないかもしれません。今回は部分的に交換で地盤のゆるみや
地震などによる傾きを改善するための工事です。


万年塀 施工後①
万年塀交換後


このように境界部分の工事については掘削、養生など
施工要領について近隣との協議、周知の対応は特に重要になります。


砕石盛土 施工前
地盤整備前

又、今回の地盤整備については地盤内の堆積物の収縮による
自然沈下や地下水の揚水による地盤の収縮が原因と考えられるもので
盛土、砕石転圧等で整備しています。



砕石盛土 転圧
地盤整備部 砕石転圧


このような地盤沈下の場合は程度にもよりますが建物に直接影響を
及ぼすものではなく、特別な補強、処置が必要なわけではありません。
ただし、地盤沈下でも不同沈下など、建物に直接影響がある場合は、
専門の調査により、地盤改良などしっかりした対策を早期に対処する
必要があります。


砕石盛土 施工完了
地盤整備完了


外構まわりの修繕については、美観をよくするという観点だけでなく
不具合、劣化の要因によっては対処方法が全く違ってくるので
その見極めが大変重要になってきます。
一度点検してみてください。

定期点検

2018年03月29日 09:43

みなさんこんにちは!

春は忙しい季節ですね、世間では新年度に切替の為

入学、卒業、転勤とさまざまな時をお過ごしかと思いますが…

ちょっと気分を休めたいときには満開の桜など見て心に潤いを与えて

あげて下さい!

先日、新築工事で2年前にお世話になったF市のM保育園の点検に同行させていただきました。

外部、内部を建築、設備、電気の担当者たちが園長先生達の意見を聞きながら

丁寧に確認をしていました。

点検中も子ども達の元気な声と笑顔がたくさんあふれていました。

元気いっぱい健やかに安心して園ですごせる様にこれからも施設管理の

お手伝いをして行きます!

IMG_2020.jpg


ウレタン防水は補修がし易い

2018年03月06日 09:16

こんにちわ

本日は屋上防水の種類についてご紹介します

マンションの防水見積りを取得したことある組合様ならおそらく耳にしたことがあるのではないでしょうか

ウレタン防水というものです(ウレタン塗膜防水と書かれてるほうが多いかもしれないですね)

今日はウレタン防水が鳥害?と思われる被害が発生しましたので、補修に行ってまいりました。

こんな感じで補修します
USER3341.jpg

USER3343.jpg
USER3342.jpg
USER3349.jpg

と塗膜と言われるぐらいなので、液剤を流し込む様な施工方法なので、場所を選ばずに施工できるメリットもあります。

今後も様々な工法を提案していきたいと思います。

岩口

最新記事