FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

大規模修繕工事前の流れ

2013年04月23日 12:34

今回はマンションの大規模修繕工事が始まる前の
流れを紹介します。

大規模修繕工事の工事内容、工事時期等を決める
にあたり、まず最初に行なうのが建物の調査に
なります。

調査
   建物調査



調査する場合、一般的には発注者である管理組合様が
コンサルタント会社(設計事務所)に依頼し、調査の
実施、仕様の決定をします。管理組合様によっては
コンサルタント会社を入れず、候補となる工事会社が
直接行なうこともあります。

調査の時点では足場ない状態のため、基本的に目視など
部分的に劣化状況等を調査をして判定します。

その後、見積もり参加応募等により、見積もり依頼する
工事業者を管理組合様とコンサルタント会社により、
書類審査にて選定します。

そして仕様書を元に見積もりとなりますが、場合に
よっては見積もりによって施工業者が決まることも
あります。通常は見積もりで候補を数社にしぼり、
ヒアリングで施工業者を決定することが多いようです。

入間
    ヒアリング例

コスモ
    ヒアリング例


工事業者を決定したあとに着工となるわけですが、
一般的には着工前に工事説明会を行ないます。
説明会では工事中の注意事項や工事内容について
説明します。
説明会
   工事説明会例



このように大規模修繕工事を具体的に計画してから
実際に着工するまでには、いろいろと時間がかかります。
マンションの規模や取組み方にもよりますが、
約1年ぐらいかかると思います。
築10年すぎたら、早めの準備をおすすめします。
足場
    仮設足場工事着手

最新記事