FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

漏水調査いってきました

2013年08月28日 08:55

こんにちわ 岩口です

今日は建物の水漏れ(漏水)についてのお話です。

水漏れと言っても様々な原因があります。

屋上の防水が劣化して水が浸入してしまう

壁の隙間から水が挿してしまう(シーリングの劣化や換気フードから等)

地下から湧き上がってくる

排水管・給水管が破裂してしまった

他にも原因は無限と言えるほどあるかと思います。

また、この原因を特定する事が更に難しいのです。

先日より漏水(ここは雨漏れでした)のご指摘を頂いていたあるマンションの調査を数回にわたり実施していたのですが、屋上から漏れているというところまでは判明したのですが、特定するに至る事ができず調査が頓挫している状態でした。

そんな時に、漏水の調査を専門に手掛けている企業がありましたので、思い切って管理組合様にご紹介をしたところ依頼をする事となり、調査に同行させてもらいました。


IMGP3750.jpg

漏水している部屋側に電気パッドを設置し、漏水の入り口と思われる場所を通電性のある鉄棒等で接触させ通電をするか否かで水みちを確認する方法です(簡略的な説明)

結果からすると10箇所以上の場所から水が侵入して、ある場所へ集まりそこから建物の中へ水が入ってしまったとの事でした。

正直言って自分が想定していた状態より悪いものでした。多少の劣化では漏水にはならないかもしれないという今までの経験値が逆に劣化箇所の特定をするにあたり邪魔をしていたようです。

また調査をして頂いてデータで水漏れが確認できるというのは安心できるひとつの要素なのかなと、また一つ勉強になった出来事でした。

岩口

最新記事