FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

店舗ビル改修は、早めに

2013年10月24日 09:06

ある店舗改修工事の一部をご紹介致します。

構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造地上3階建て、地下1階

外壁:南・東面は、外壁ネオパリエ貼り、西・北面は、アクリル系吹付けタイル仕上げ、
 
屋上:アスファルト3層防水仕上げの上、コンクリート直押え   

「外部足場組立状況-1」
写真 012 (2)

「外部足場組立状況-2」
写真 011 (2)

「外部足場組立状況-3」
写真 015 (2)

「外壁調査」
PA110492.jpg

「目地シーリング状況-1」
P9240436.jpg

「目地シーリング状況-2」
P9240445.jpg

「目地シーリング状況-3」
P9240444.jpg

「外壁(ネオパリエ下地調査ー1」
PA110488.jpg

「外壁(ネオパリエ下地調査ー2」
PA110491.jpg

築23年後、初めての改修工事との話でした。

建物調査の結果、外壁の目地シーリングの経年劣化により

目地部分からの漏水により下地鉄骨の腐食が進んでおります。

外壁がネオパリエ貼りですと二十数年たっても見た目は、きれいですが、

今回のように目地シーリングの劣化による漏水による下地鉄骨の交換及び補強が

必要になりますので、築15年以前を目安に早めの調査をお奨め致します。

SEGAMI

最新記事