FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

改修工事ー2

2014年06月30日 20:44

こんにちわ

前回5月24日の建物診断の続きとして、今回は、外壁調査をご説明します。

IMG_0524.jpg

「外壁タイルの劣化」

外壁タイルによって仕上げられている場合でも、時間の経過による劣化現象が生じてきます。
塵埃などによる通常の汚のほか、内部からの漏水などが原因のエフロレッセンスなどの発生
見られることがあります。また部位によっては、経時的に表面の外壁タイルと下地コンクリートが密着性を失い、
「浮き」が生じている可能性もあります
このような劣化状態を放置しますと、高層階からのタイルの落下などの危険性が生じてきまので、打診などによる入念なチェック及び緊急の対応が必要です。

IMG_0519.jpg
 

「エフロレッセンスの発生」
IMG_0548.jpg

「塗膜の劣化」

壁面に塗装された「塗膜」は新築時から外部環境にさらされることにより、さまざまな劣化が進行していきます。
①塗膜表面の色あせ・光沢低下・変退色・チョーキング(白亜化)…


紫外線の影響などにより、塗膜が従来もっていた光沢が低下したり、色が褪たりします。当初保っていた
建物全体の美観を損ねる要因のひとつになります。また、塗膜の表面が分解され粉化し、表面をこすると
白墨の粉のように付着する状態です。塗膜が分解され弱っていますので、耐候性が衰え、建物の保護機能が
低下していますので、塗り替えによる塗膜性能の復旧が必要
になってまいります。

②塗膜のはがれ…
表面のひび割れからの雨水の浸入などにより、下地との密着力が低下しますと、経時的に塗膜の剥離
生じることがあります。塗膜による保護機能が消失すると、むき出しになったコンクリートから内部への雨水の
浸入を促し、上と同様に、鉄筋を腐食させる要因になります。

 「外壁塗膜劣化の状況 色褪せ」
IMG_0489.jpg

②塗膜のはがれ…

IMG_0534.jpg

この続きは、次回ご説明致します。

segami

最新記事