FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

外壁タイルの浮き、剥落について

2015年02月27日 12:04

今回はある鉄骨造の共同住宅で外壁改修の外壁タイルの
剥落などの調査について紹介します。

築20年以上経過していて、写真のように外壁タイルが剥落して
いる部分がありました。

ブログ2-27 001

中には外壁パネル(ALC)自体が欠損し剥落してしまって
劣化が進んでいるところがあります。
大規模修繕で足場設置により調査してみると、見た目以上に
浮きが多く、剥落しそうな部分もありました。

ブログ2-27 002

最近では外壁のメンテナンスを長年にわたり手付かずの状態に
してしまった結果、タイルの剥落や場合によっては外壁の塊が
落下してしまう事故が増えています。

ブログ2-27 004

又、劣化状況に地震などの要因が加わって落下事故を
誘発してしまうことも充分に考えられ、状況によっては
ケガ人の発生など重大事故に発展してしまいます。

ブログ2-27 006

外壁廻りの修繕の目安として、築年数は当然ですが
漏水だけの意識だけでなく、このような剥落についても
注意して早めの点検、修繕を心がけていきたいものです。

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sasakitoukatsu.blog114.fc2.com/tb.php/232-bf49f1a3
    この記事へのトラックバック

    最新記事