FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

よくみかける安全対策について

2015年04月14日 08:48

こんにちわ

今日はマンションの大規模修繕工事でよく見かける物について名称と意味を踏まえて2点紹介します。

CIMG1065.jpg

↑↑↑朝顔養生(類似したもので水平養生というものもあります)↑↑↑

こちらは足場上部より工作物及び作業工具、その他撤去したタイルの欠片等が落下しても歩行者の方に当たらないようにする為の安全対策物です。
建物の出入口であったり、車・自転車その他地上に設置されている物の上部に設置するケースが多いです。

例えば自転車であれば、本来工事中は敷地内の危険でない一角に移動してもらう。又は月極め駐輪場に移動してもらう。などの対応が出来ればベストです。
ところが大抵のマンションは敷地にそのような余裕は無いのがほとんどです。また月極め駐輪場は車と違って、駅前にしか無いケースがほとんどで、現実的に利用できないケースが多いです。

CIMG1072.jpg

↑↑↑朝顔養生の下部に設置されてる三角の足場材が梁枠足場↑↑↑

こちらは出入口等に開口(空いたスペース)を設ける為に足場の足を飛ばす時に使う補強材みたいな物です。

通常は1.8Mピッチで足場の足が立ちます。これだと出入が困難になってしまうケースがあります。

駐車場のスペース開口をとる時などでも使えます。

大規模修繕工事の影響で居住者さまには、いろいろな点でご迷惑をお掛けする事になります。

但し、可能な限りでそれまでの生活を崩さないように工夫をして工事を提供できるように日々努力しております。

岩口

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sasakitoukatsu.blog114.fc2.com/tb.php/235-858da921
    この記事へのトラックバック

    最新記事