FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

久々の内装工事

2017年06月08日 11:28

こんにちわ 岩口です

とある事務室の内装工事を施工してきたのでご紹介したいと思います。

USER2998.jpg

壁を白で塗ったのですが、写真だと判り難いでしょうか。

少し白い塗装について説明したいと思います。

白と言っても真っ白から黒や赤に向かっていくケースが多いと思います。

白と黒を少し混ぜたものを一般的にグレー(灰色)と言ったりしますね。
白と黄を少し混ぜたものを一般的にクリーム色と言ったりしますね。
その他諸々

実は真っ白の塗装はほとんどありません。

これには様々な理由があるみたいです。(自分の知る限りで理由を書きます)

メリット
清潔感がある
医療機関等はイメージとしてマッチする
塗った時の塗った感がある
小学校で習った記憶では光の反射力がある(虫眼鏡で黒色と白色折り紙を焼く実験による思い出依り)
空間を広くさせるイメージがある

デメリット
汚れが目立つ(手で触れただけで手跡がついたりする) ちなみに黒はもっと目立ちますが・・・・(黒い壁は中々ないと思いますが)
素地が目立つ(これは塗装屋さん泣かせです)
塗りたての時は艶がありすぎて目がチカチカする
いずれ飽きてしまう。(らしいです)

ちなみに上にある写真はわかりにくいかもしれませんが、白にすこし黒を混ぜたグレーなのです。
日本塗料工業会色番号で言うN-90という番号です。

玄人的な感じを匂わす一言↓ ↓ ↓
『うーん白ねぇ、メリット・デメリット色んな事を総じて考えたらやっぱりN-85からN-80ぐらいがちょうど良いんじゃないかな』

こやつ相当場数踏んでるな。と思われること間違いなしです。
ちなみにこれは完全に主観ですが・・・・・

色ってホントイメージが色々あって勉強してて飽きないです。

色のプロに教わってみたいなぁ。なんて思ってる今日この頃でした。

岩口

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sasakitoukatsu.blog114.fc2.com/tb.php/286-5ca711a7
    この記事へのトラックバック

    最新記事