FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

見た目は重要

2017年10月12日 10:41

こんにちわ

大規模修繕工事で、廊下・階段の改修工事を実施したので写真でご紹介します。

廊下や階段というのは大規模修繕工事において、予算の都合上工事を見送られるケースを度々見かけます。

建物の中で使用率は高い部位にあたるのですが、見送られるケースが多いのはいくつか理由があります。

1.足場を掛けなくても改修工事ができるのでいつでも工事ができる。
2.紫外線を浴び難い場所に立地しているケースが多い。( 南側バルコニーとなると自然と廊下は北側に・・・)
3.劣化した上で漏水しても、生活の影響が出難い。

それ以外の事もあるかとは思いますが、代表的な理由としてはこんな感じだと思います。

私もご提案差し上げるとき、コストダウンを相談された時は、まず廊下・階段の工事延期を提案しているのが現状です。

でも、施工を久々に手掛けてみて思いました。

やはり可能な限り施工は実施した方が良いと思いました。

何よりも美観性が良くなる。見た目にお金をかけて意味があるのか。という意見の方も多く居ると思いますし、私もどちらかというとそっちです。

ただ工事をしてみるともの凄く思うのですが、見た目って大事です。

見た目が良くなる事によって、綺麗に見えるだけでなく住まい方も変わってくるものです。
やはり大事に扱おうという気持ちが芽生えてきます。

また汚れてくれば一緒かもしれませんが、少なくても何もしてない時よりは丁寧に使おうという風に思えます。

これによって、建物のメンテナンス意識は相当向上され、維持という観点からも良い事だと思います。

ですので、人目につきやすい部分を率先して工事を手掛けるというのは、住んでる方の建物への興味をひきつける意味では非常に重要な事であると思った次第です。

階段施工前
P1190115.jpg

階段施工後
DSCF8540.jpg

廊下施工前
P1190234.jpg

廊下施工後
DSCF8497.jpg

写真だと解かりづらいかもしれませんが、私の主観では別の建物に生まれ変わったぐらいの感覚に見えました。

岩口

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sasakitoukatsu.blog114.fc2.com/tb.php/292-08e277fe
    この記事へのトラックバック

    最新記事