FC2ブログ
      幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

台風被害の屋根修繕事例

2019年03月01日 18:14

今回は昨年の台風被害によるマンション屋根修繕の事例を紹介します。

PC050787.jpg
修繕工事前

修繕前の屋根の状態は、新築時の屋根材(シングル葺き)の上の同様の
のシングル葺きを施すカバー工法で改修されている状況でした。

台風被害により、剥がれた部分の大部分が前回改修した上張り部分です。
(既存は他社施工)



PC180862.jpg
既存屋根材撤去状況



今回の改修では、新築時の屋根材を全面撤去し、あらためて下地から
やり直して張り替えて改修しています。

一般的にシングル屋根の改修の中にカバー工法で改修する工法がありますが
特徴として全面張替えよりコストが安く、改修時の漏水のリスクが少ないという
メリットがあります。
今回については、台風被害によるリスクを抑えることや、2回目の屋根改修と
いうことで全面張替で改修することを選択しています。

注意点としては、張替工事中の雨漏れに配慮しなければなりません。
又、このような屋根の造りの場合は、いわゆる陸屋根に比べて
新築時には低コストで済む傾向にありますが、漏水対応や改修する場合などは
仮設足場が必要になることがほとんどです。



DSCN1681.jpg
屋根修繕完了後



このように屋根の造りによっては、外壁等の改修に合わせて改修時期を
検討したほうがよいのと、改修の工法によってもメリット、デメリットが
ありますので、専門の業者に相談してください。





商業ビルの大規模改修工事

2019年02月11日 11:16

商業ビルの大規模改修工事のご紹介です。

ビルの価値を維持又は価値を上げるには
外壁の補修工事、防水工事、配水管の改修工事等の他に
重要なのが、エレベーターの改修工事があります。

エレベーターは上階に移動するとき大変便利な設備ですが、
残念ながら、過去に何度か死亡事故がおこっています。
ですから、定期的に点検し、メンテナンスをしなければなりません。

今回は、そのエレベーター改修工事の内容をオーナー様に
ご提示し、改修工事の準備をすすめていきます。

DSC02168.jpg
まず、エレベーター機械室に入り、さまざまな機械、装置の現状を把握します。


DSC02170.jpg
すでに、数十年使い続けてきた機械です。
見落としが無いように慎重にチェックし調べていきます。


DSC02167.jpg
いくつかの課題が見つかり改修工事の方針が決まります。
あとは、今回の調査の結果をオーナー様にご説明し、又は、より良い改修工事をご提案します。




外壁塗装

2019年01月21日 10:22

皆さんこんにちは

今回は大規模工事の際に
外壁塗装の色彩変更をした例をご紹介いたします

この事例は大規模修繕工事は3回目築30年以上マンションです


施工前の写真
設置面

全体的にピンク色の外壁になります


施工後
DSCF5898.jpg

白とグレーの2トーンカラーになりました

今回は3パターンをご提案し、
居住者様に選定して頂きました

実際に施工後の仕上がりをご確認頂き、
予想以上にお喜び頂きました

大規模修繕工事は機能回復の役割だけでなく、
時流に少しでも合ったマンションの価値を上げるご提案を
今後も行いたいと思います




2018年のご挨拶

2018年12月28日 12:56

平成30年のご挨拶!

こんにちは、建設統括部リニューアル営業グループです。
今年も1年間大変お世話になりました。至らない所が多々あったと思いますが
何卒お許しいただきたいと思います。

来年は『平成』の元号も変わりますね、皆様は『平成』をどの様に過ごしてきましたか?
色々な30年だと思います…いい事も悪い事も
そこで又新しい元号になる事もあり気持ちの切変えをするのもありかもですね!
この機会に色々な変化を行ってみてもいいかもしれませんね!
今までにチャレンジした事無いことに頑張るとか…
今いい事が多い人は更にステップアップする計画を立てるなど
必ず小さな目標を立て少しずつ!少しずつ!頑張る事を継続して行きましょう!

我々のチームも少しずつ変化しています。各自の優位特性が最大限に発揮出きる様に
全力で頑張りますので応援お願いします。
それでは来年チーム全員元気印で発進しますので宜しくお願いします。

よいお年をお迎え下さい!

漏水調査事例

2018年12月22日 14:30

今回はある建物の雨漏れの原因調査の事例を紹介します。

無題
天井の漏水のシミ

雨漏れの調査方法は漏水個所や状況によって様々ですが
一般的に採用される方法は散水による調査方法が多いです。

今回は雨が降るたびに漏水するわけでなく、強風を伴う大雨の
時だけにおこる状況でした。


無題2
天井の内部のコンクリートから漏水状況確認


単純に屋根から最上階に漏るわけでなく 1階天井から漏水している
のですが、2階の内部床からコンクリートのひび割れ部分に浸透し、
漏水が発生している状況で、原因個所を特定するのが難しいケースです。


無題3
散水調査状況


結果的に外壁ではなく、上階の既存建具の納まりに問題があることが
判明しました。 2階は店舗になっているのですが、以前、改装する際に
新築当初の建具を改修したことにが原因で強風等の条件次第で
内部に雨水が侵入しやすい状況になっていたようです。


無題4
漏水原因の確認



屋根廻りや外壁から雨漏れ、としてとらえていると
今回のようなケースでは以外と気付きにくいものですが、
改修している場合は建具自体にも注意が必要になります。

散水調査の場合は漏水発生個所の養生等の注意が必要ですが、
原因の特定がしやすいということもあるので、雨漏れの時には
専門業者に相談してみてください。







最新記事